プロフィール

蜜蜂

Author:蜜蜂
自称:ラブファイター!
どんなに傷ついても、やっぱり恋愛は楽しい。生きる上で人生の醍醐味だと思っています。失恋にも負けません。究極の愛を探していつかは幸せになりたい。

職業:フリーライター兼六本木キャバクラ嬢。日々戦っています。

気軽にコメントしてもらえると嬉しいです!!
よろしくお願いいたします♡♡♡



ブログペットのハッチ♡です♪
こちらもよろしくネ♡


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誕生日、前々日の月曜日。

突如ダーリンが六本木にやって来た!
なんでも久々に東京で仕事の打ち合わせがあったそうだ。
週末密会する予定がボツになったので、ブーブー文句たれてたら
ピカチュウと会うから、また店連れてってもらうよ」とのこと。


ちなみにこのピカチュウ・・・。

彼こそがもともとウチの店の常連で、蜜蜂とダーリンを引き合わせた張本人。
普段はおえらい某大学の教授で、ダーリンの仕事がらみの飲み仲間?らしい。
というのは、そもそも仕事がらみで出会った2人。
表面上こそ仲良くしているものの、体育会系ノリのダーリンと、学者肌のお勉強一筋だったピカチュウが合うわけがないの。

自他共に認める腹黒ダーリンは、

「先生は本当にすごいですよ~。」

と褒めつつも、蜜蜂の前では

「いくら金があったってあんなにプライド高かったら、結婚なんてできねぇな。
ましてや、デブでハゲじゃ救いようがねぇ!」

ととても人様に言えないような(言ってるけど。)暴言を吐きマクリスティ!

思わず、蜜蜂も

「ぷぷ…(笑)」

と噴出したりしちゃってハッとする。
こんな黒いお腹抱えてたらきっと幸せになんかなれない!
ダーリン、お願いだから、もう少しオブラートに包んでちょうだい!!

ただ、ピカチュウがツッコミどころ満載キャラなのも事実なわけで。

まず、その体型からか自分をピカチュウと命名したのも彼本人
(実際はあんな可愛いもんじゃない。)
携帯のストラップもピカ、そしてなんと愛車まで「ぴかちう号」と名づけ、ピカ一色のド・イエロー!!!ときたもんだ。

なのでこのピカチュウに口説かれる女性たちは、彼のコトを「こ、濃い・・」とげんなりはしても、「こ、恋・・?」とときめいてはくれないみたい。

ちなみにダーリンの話によると、
知り合いの某大社長ご用達の高級クラブにて、その社長に会わせた時も目の前のホステスに向かって
「キミ、この社長の愛人なんでしょ?」
と公衆の面前で言っちゃう
THE 空気の読めない男。

その関係が事実でも、もちろん立派な家庭のある社長を気遣い、黙認するのが大人のルールってもん。
もちろん、図星だったため(爆)その場は一瞬で凍りついたらしい。

ということで、
ピカチュウが私たちの恋のキューピットだったとしても、この関係はもちろん一切ひ・み・つ!!なのだ。

だが、さすがは趣味の株で儲けているだけあって勘の働くピカチュウ。やっぱりコイツは只者じゃない。

蜜蜂とダーリンの関係を怪しんでいるのか定期的に蜜蜂に探りのようなジャブをかましてくるのである。

時々はダーリン抜きでも店に現れる彼。
蜜蜂が指名されて席に着けば、

ピカ:「彼氏(ダーリンのこと)げんき?連絡とってる?

蜜蜂:「う~ん、最近はとってないなぁ。(もちろんうそ。)あの人も忙しいんじゃない?
先生、会ったらよろしく伝えてくださいね♡」

ピカ:「大将(なぜかピカはダーリンをこう呼ぶ。)にフラレないようにね!」←めっちゃ、嬉しそう。

そして、すぐさまピカ、ダーリンにTEL!「さて、今私はどこに来ているでしょう~?」
そして自慢したいのか、きまって私に携帯を差し出すのである。

また、ある日の土曜日、「今日は空いてる?美味しいご飯食べに連れてってあげても良いよ。ただし、大将には内緒だぞ!!」
とピカチュウからメール。

さっそくダーリンに相談すると、
「行っとけ、行っとけ。気に入られれば、海外連れてってくれるかもしんないよ。
ピカの金で一緒に旅行行っちゃおうぜ!
とのお言葉。

お~い!少しは嫉妬し・ろ・よ!と思いつつ、蜜蜂休日返上で接待ディナーin西麻布。
あぁ、すぐ近くのマンションにはダーリンがいるというのに。
蜜蜂の目の前には、脂ののったピカチュウ・・・。

案の定、「蜜蜂が別れたら、海外旅行に連れてってあげる。一緒に連れてけ?そんなの、大将のに悪いから絶対だめ!!」
とピカ。ちぇっ。

恋愛面においてはからきし小学生並みと噂のピカチュウ。
う~ん、それにしても大学教授が聞いて呆れる。

今まで女性に愛されてこなかったからか、変なプライドが邪魔をして、好みの女性にも「アンタに別にそこまで興味なんかないんだよ。」的な態度をとってしまうんだそう。
(ダーリン分析より)

後日「ああいうタイプは、女性にひざまずいてでも口説かなきゃ落とせないのにな!いくら金だけチラつかせたって無理だよ。ありゃ、一生独身だな。」
とダーリン。

でも「俺の影がチラついてるのにも関わらず、お前を誘うってことは、もしかしたらピカかなり本気だったのかもしれないよ~(笑)」と、なぜかご満悦顔。

それは、まるで勝負に勝ち誇った小学生のような。

う~ん、男って結局、何歳になっても中身は少年なのかもしれません。(笑)


スポンサーサイト

テーマ : ・・・・フッ( ´ー`) - ジャンル : 日記

コメント

うわぁい♪頭がピカチューだぁ♪

そうですか!大学の教授さんなんですねw
大学の教授って変わった人が多いような気がするのはボクだけでしょうかね??

ボクの大学のゼミの女性の教授も、かなぁり変わってました。
卒業生で感謝の意味を籠めてお別れ会を企画したのですが、『いや、特段行く気はありませんよ』と一蹴!!

空気の読めないは教授共通なのでしょうかww

勝ち誇ったダーリンwwww
かなり少年ですねww

このギャップがいいのでしょうか?
・・・メモメモ・・・っと....〆(・ω・。)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2012/11/21 12:03 |  | - 管理人の承認後に表示されます

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。