プロフィール

蜜蜂

Author:蜜蜂
自称:ラブファイター!
どんなに傷ついても、やっぱり恋愛は楽しい。生きる上で人生の醍醐味だと思っています。失恋にも負けません。究極の愛を探していつかは幸せになりたい。

職業:フリーライター兼六本木キャバクラ嬢。日々戦っています。

気軽にコメントしてもらえると嬉しいです!!
よろしくお願いいたします♡♡♡



ブログペットのハッチ♡です♪
こちらもよろしくネ♡


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誕生日、前々日の月曜日。

突如ダーリンが六本木にやって来た!
なんでも久々に東京で仕事の打ち合わせがあったそうだ。
週末密会する予定がボツになったので、ブーブー文句たれてたら
ピカチュウと会うから、また店連れてってもらうよ」とのこと。


ちなみにこのピカチュウ・・・。

彼こそがもともとウチの店の常連で、蜜蜂とダーリンを引き合わせた張本人。
普段はおえらい某大学の教授で、ダーリンの仕事がらみの飲み仲間?らしい。
というのは、そもそも仕事がらみで出会った2人。
表面上こそ仲良くしているものの、体育会系ノリのダーリンと、学者肌のお勉強一筋だったピカチュウが合うわけがないの。

自他共に認める腹黒ダーリンは、

「先生は本当にすごいですよ~。」

と褒めつつも、蜜蜂の前では

「いくら金があったってあんなにプライド高かったら、結婚なんてできねぇな。
ましてや、デブでハゲじゃ救いようがねぇ!」

ととても人様に言えないような(言ってるけど。)暴言を吐きマクリスティ!

思わず、蜜蜂も

「ぷぷ…(笑)」

と噴出したりしちゃってハッとする。
こんな黒いお腹抱えてたらきっと幸せになんかなれない!
ダーリン、お願いだから、もう少しオブラートに包んでちょうだい!!

ただ、ピカチュウがツッコミどころ満載キャラなのも事実なわけで。

まず、その体型からか自分をピカチュウと命名したのも彼本人
(実際はあんな可愛いもんじゃない。)
携帯のストラップもピカ、そしてなんと愛車まで「ぴかちう号」と名づけ、ピカ一色のド・イエロー!!!ときたもんだ。

なのでこのピカチュウに口説かれる女性たちは、彼のコトを「こ、濃い・・」とげんなりはしても、「こ、恋・・?」とときめいてはくれないみたい。

ちなみにダーリンの話によると、
知り合いの某大社長ご用達の高級クラブにて、その社長に会わせた時も目の前のホステスに向かって
「キミ、この社長の愛人なんでしょ?」
と公衆の面前で言っちゃう
THE 空気の読めない男。

その関係が事実でも、もちろん立派な家庭のある社長を気遣い、黙認するのが大人のルールってもん。
もちろん、図星だったため(爆)その場は一瞬で凍りついたらしい。

ということで、
ピカチュウが私たちの恋のキューピットだったとしても、この関係はもちろん一切ひ・み・つ!!なのだ。

だが、さすがは趣味の株で儲けているだけあって勘の働くピカチュウ。やっぱりコイツは只者じゃない。

蜜蜂とダーリンの関係を怪しんでいるのか定期的に蜜蜂に探りのようなジャブをかましてくるのである。

時々はダーリン抜きでも店に現れる彼。
蜜蜂が指名されて席に着けば、

ピカ:「彼氏(ダーリンのこと)げんき?連絡とってる?

蜜蜂:「う~ん、最近はとってないなぁ。(もちろんうそ。)あの人も忙しいんじゃない?
先生、会ったらよろしく伝えてくださいね♡」

ピカ:「大将(なぜかピカはダーリンをこう呼ぶ。)にフラレないようにね!」←めっちゃ、嬉しそう。

そして、すぐさまピカ、ダーリンにTEL!「さて、今私はどこに来ているでしょう~?」
そして自慢したいのか、きまって私に携帯を差し出すのである。

また、ある日の土曜日、「今日は空いてる?美味しいご飯食べに連れてってあげても良いよ。ただし、大将には内緒だぞ!!」
とピカチュウからメール。

さっそくダーリンに相談すると、
「行っとけ、行っとけ。気に入られれば、海外連れてってくれるかもしんないよ。
ピカの金で一緒に旅行行っちゃおうぜ!
とのお言葉。

お~い!少しは嫉妬し・ろ・よ!と思いつつ、蜜蜂休日返上で接待ディナーin西麻布。
あぁ、すぐ近くのマンションにはダーリンがいるというのに。
蜜蜂の目の前には、脂ののったピカチュウ・・・。

案の定、「蜜蜂が別れたら、海外旅行に連れてってあげる。一緒に連れてけ?そんなの、大将のに悪いから絶対だめ!!」
とピカ。ちぇっ。

恋愛面においてはからきし小学生並みと噂のピカチュウ。
う~ん、それにしても大学教授が聞いて呆れる。

今まで女性に愛されてこなかったからか、変なプライドが邪魔をして、好みの女性にも「アンタに別にそこまで興味なんかないんだよ。」的な態度をとってしまうんだそう。
(ダーリン分析より)

後日「ああいうタイプは、女性にひざまずいてでも口説かなきゃ落とせないのにな!いくら金だけチラつかせたって無理だよ。ありゃ、一生独身だな。」
とダーリン。

でも「俺の影がチラついてるのにも関わらず、お前を誘うってことは、もしかしたらピカかなり本気だったのかもしれないよ~(笑)」と、なぜかご満悦顔。

それは、まるで勝負に勝ち誇った小学生のような。

う~ん、男って結局、何歳になっても中身は少年なのかもしれません。(笑)


テーマ : ・・・・フッ( ´ー`) - ジャンル : 日記

とうとうやって来てしまった。
あっという間に、イベント盛りだくさんの魔の12月が。

イブにクリスマス。そして大晦日のカウントダウン・・・
それに加えて実はこの12月、わたくし、蜜蜂のバースディ月でもあるのです。

パワーストーンが流行っていた小学生の頃は誕生石であるトルコ石を見てがっかりしてたっけ。(遠い目)
どうして、ダイヤモンドやルビーみたいな宝石じゃないの。
透明でキラキラ輝いてないの!って。

カレンダーの日本名も「師走」だし。葉月(8月)とか如月(2月)とか皐月(5月)なんて響きが良いのもあるのに!
いくら忙しいからってねぇ、センス無さすぎっすよ!(誰にキレてる?)

それに比べ、毎年のことだがイベント等、世の中の方はなかなか盛り上がってる。
恋人たちは浮かれ、ついでに街もネオンでキラキラ浮かれ、サラリーマンのおっさんたちも連日の忘年会で浮かれ…。

と、いうコトで。
毎年思うけど、蜜蜂はこの12月の雰囲気がどうも好きじゃない。

なぜなら、MYバースディがあるのにもかかわらず、わたくし実は誕生日やクリスマスを今まで恋人と素敵に過ごしたことがないからです。
そう、ろくな想い出がないんです。つまり単なる僻みなんですが。

悲しいかな、この世間の浮かれようでバイト時代は常にどこも繁忙期。よって、いつも強制出勤だったりして。

もちろん好きな人やボーイフレンドとデートしていたこともある。

が、大体見切りが早く、今まで冷めやすかった蜜蜂。

この際ぶっちゃけてしまうが、彼氏とのお付き合いが1年と続いたことがない。そして、なぜか皮肉にもそのわずかな交際期間が12月にかぶったことがないのです。

だいたい4,5月に出逢って、秋の終わりに恋も終わるパターンがほとんど。
気候が暖かくなってきて、浮かれ始めたものの、寒くなるのと同時に気持ちも冷める。
そう、蜜蜂にとってまさに恋って花そのもの。(えらそうに言うな?)

今回ばかりは、いちおうダーリンという男がいるものの所詮こんな関係。
加えて、前々から「俺、他人のプレゼントとか選ぶの苦手だからしない。」とのやる気のないセリフを吐いていたマイダーリン。

「そんなこと言ったって、プレイな男はちゃーんと素敵なプラン用意してんだって!!」と、かっちゃんは自信満々に言っていたけれど。

ダーリンと付き合って早1年の蜜蜂だもん、予想はついてる。
コイツはそんな男じゃない。
なんだか本気でスルーされそうな予感が蜜蜂にはあった。

夏の終わりにこんな会話をしていたのを思い出す。

「12月は、イブもクリスマスも、ハニーの誕生日も、カウントダウンもあって大忙しだよ♪」

と蜜蜂がからかえば、

「・・・その期間だけ別れようぜ!!

と冗談交じりに言いやがったダーリン。

あながち、ジョークでもなかったりして。

もし、それが本音ならば、今度こそ、もうこんな関係はやめてしまおう。そして、裏切られた時が辛いから、期待するのもやめよう。

そう、密かに硬く決意していた蜜蜂なのでした。(ケナゲでしょ☆)

しかーし、運命のいたずらか、今年の誕生日前日は夜の公休日である水曜日。

バースディの1週間前、ダーリンとメールをしていてつい

「ちなみに来週の水曜はハニーのバースデーイブだけど、一緒に過ごしてくれる

と返信してしまう。
いやー手元が滑っちゃったもんで。

帰ってきた返事は、予想外にも
「ハニーもちろん、イブ(水)は空けておきますよ~

ノリノリじゃないですか!

「蜜蜂さん、早くーーー!!!」
ホールでは付回しのボーイが叫んでたけど、しばらく勤務中のトイレの個室でケータイを握り締めながらガッツポーズ!


恋する乙女はいつだって単純なのよん。

テーマ : ぅわは―――――ッい!!!ヽ(`∀´)ノ - ジャンル : 日記

メールを打ちながらも、涙があとからあとから溢れてくる。
とてもライターとは思えない文章だけど、これは蜜蜂の本当に素直な気持ちであり、心の叫び。

しばらくして、涙もケータイを握る手も止まり、放心状態の私。
あとはこの送信ボタンを押すだけ。
そう、もしかしたら、これで全てが終わっちゃうかもしれないのだ。

送る前にメールを読み返そう・・。

続きを読む>>

昔から往生際の悪い蜜蜂。
そしてあまりのつたない自分の文章に、一瞬で絶句

でもさっき頭の中をグルグル回っていたこの胸のモヤモヤの正体はきっとこれだったんだよね。
そう、まさにこれは本音中の本音。

でもよくよく考えたら、ダーリンに嫌われたくない、嫌な女だと思われたくない一心で今までこんな本音を3分1も伝えられなかった。

辛くても笑っていて、おちゃらけて、夜、電気の消えた寝室でSEXの最中に泣けてきたこともあった。
向けられた背中が、ひどくこの距離を表しているようで、悲しくて、ダーリンが寝静まったのを確認してからひっそり泣いたこともあった。

そうこうしてるうちに
「ハニー眠くなってきたよ~
と、ヤツからお気楽メールが1通・・・。

気がつけばすかさず、ヤツの携帯にコールかける蜜蜂。

だめだ、やっぱり、大事なことはメールで済ませちゃいけないYO!!
「もしもし~」
ダーリンはあいかわらず危機感など全くない様子ですでに眠そうなお声。
なんだかせっかくの休日に涙まで流して考えてる私ってバカみたい・・?

蜜蜂「ずっと言いたかったんだけど。」

憎きダー「ん~?どうした?言ってごらん。」

ダーリンはどうでも良いのか、はたまた眠いのか、とにかく優しい穏やかな声。
こんな声を聞くと、いつもはさっきまでの怒りも憎しみも全て吹き飛んでいっちゃいそうになる。
それをぐっとこらえて、蜜蜂いざスタンバイ。
今宵は逃がさないぞ、この怒りも、悲しみも!

蜜蜂「…やっぱり、最近は特に自分が都合のいい女としか思えない。つらい。」

「めんどうくさいって思われたくないから、今まで言いたくなかったけど。」

く~~。(><)
これじゃ、まるで小学生の作文以下のセリフ。

悔しいけど、これ以上は涙が邪魔して言葉を遮ってしまって続かない。
泣きながら打ったメール半分も伝えきれてないじゃないか!
忘れていたけど、蜜蜂文章は得意でも口ゲンカにはめっぽう弱いんだった。
しかもダーリン、いつものように言い返してくるかと思ったが、意外にもうん、うんと相槌を打つばかりでコイツも一言もしゃべらない。

きまづい沈黙が続く。

たまらず、
「こんなつらい思いするくらいなら、もうやめた方がいいのかなって考えた。」
と蜜蜂が涙声で嘆けば
「やめれるの?」
と間髪入れずにダーリン。

やめられないから、悩んでるんでしょーが。
簡単にやめれるくらいの気持ちだったらもうとっくにさよならしてるよ。
自慢じゃないけど、今まで普段ファミレスのメニューにさえ頭抱えるほど優柔不断な蜜蜂でも、恋愛(付き合ってる場合。片思いは別。)の見切りだけは早かったんだから。

憎きダー
「俺はうまくいってるって思ってたんだけど…
都合がいい女って思わせちゃってたのは、俺の責任だから謝るよ。

でも、都合がいいだけの関係だったらこんな風にめんどくさい思いして、お前と付き合ってないから。

好きだからだろ?

だから、電話もするし、メールもするし、会うし、…でも会えばヤリたくなるのが男だ!!

やっぱり男ってこういう生き物なんですか?
そうして、実はこの電話の内容では蜜蜂が現在ダーリンからの愛の連絡欠乏症に陥ってることは微塵にも伝わってないもよう・・。


ただ、その2日後、お昼過ぎにダーリンからメール。
「ハニー起きてるか

素直に喜べないあまのじゃく蜜蜂は
「起きてるよ。だってもうお昼すぎ。バカにしてる?
とレス。

「いいじゃーんで、仕事ははかどってるの」と余裕のダー。

「今、北海道の記事を作ってるんだけど、電話しても話も聞いてくれないよ。北海道の人は冷たいね
と私。

(※この時、とある北海道の記事を制作してた蜜蜂は現地の人の冷たい対応に連日やられてたんだよね。
だから、北海道の人は土地が寒いゆえ心まで冷たくなってしまうのね!!と偏見の目で見ていたんです。)

すると、「北海道の人っていうか対応したやつ自身が性格が悪いんじゃないかそいつ連れてこい俺が説教してやるから」とダーリンさん。

ダーリンのお説教は会社の後輩たちの間では有名らしく(笑)

蜜蜂も出逢ったばっかりの頃、お前はバカだな~とからかっては攻めてくるダーリンについうっかり舌打ちしたせいで20分も説教されるハメになったことがある。

そんなことを思い出したら、ちょっとおかしくなってしまった。

「とりあえず頑張れ

とすっかり愛に溢れたメールを頂き、気がつけばさっきまでの疲労&ストレスが軽くなっている始末。

…男って単純でバカ正直な生き物なんですね。
そして、ここにいる恋する乙女もしかり。(笑)

恋愛で受けるダメージも多いが、こういう時に得るパワーも大きい。
でもだからこそ、恋をすると生きてるって実感がわくのかな。




テーマ : だめだこりゃ - ジャンル : 日記

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。