プロフィール

蜜蜂

Author:蜜蜂
自称:ラブファイター!
どんなに傷ついても、やっぱり恋愛は楽しい。生きる上で人生の醍醐味だと思っています。失恋にも負けません。究極の愛を探していつかは幸せになりたい。

職業:フリーライター兼六本木キャバクラ嬢。日々戦っています。

気軽にコメントしてもらえると嬉しいです!!
よろしくお願いいたします♡♡♡



ブログペットのハッチ♡です♪
こちらもよろしくネ♡


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念!

今日、打ち合わせのために目黒の事務所へ向かう途中信号待ちをしていると背後から声をかけられた。
「すいませーん」
男だった。
けど蜜蜂ちょうどお客にコチコチ営業メール中。
ふだん忙しい分時間は有効に使わないとね!というコトで聞こえないふり。
するとその男はあきらめずケイタイ片手に
「今ちょうどお互いこうしてケイタイを持っていることだし赤外通信しませんか?!」
・・・ナンパだ。
やっぱりもう夏だもんね。
すかさずちらりと横目で全身チェック。
う~む…どう見ても30目前の若作り系、その濃いワッキー(ペナルティの前髪揃ってる方)似の目が…だ、だめかも
よって即却下
「このケイタイ、そういう機能ついてないんです。(今時そんなわけないじゃん!)すみません。では。」
信号も青に変わり、足早に歩き出す蜜蜂。
「あっ待って下さい!じ、じゃあ僕のメルアドだけでも今書いて渡すのでぜひもらって下さい!!」
「はぁ…。」
必死で追いかけてきた彼に渡されたのは3センチ程(!)のあまりに小さなノートの切れ端。
情けない字で書かれたメールアドレスはまるで彼自身を表しているみたい。
男は言う。
「実は僕●●ぃ●●ゅーの後輩でお笑い芸人やってるんです。あっでもライブとか来て欲しいわけじゃないですからっ!あなたとこの夏にビールが飲めればそれで・・・♡→ܫ←♡(なんじゃそりゃ)。」
こんなとこでナンパなんかしてたらいつまで経っても売れないよ。

「メール下さい!」と連呼するその彼をやっと追い払うと、「気をつけな。」
後ろからまた男性の声が。
振り向くと今度は中年のサラリーマンが立っている。

「ああいうのは危ないからね。これから仕事だって言ってたね。…会社はどこなの??この辺??」・・・アンタもちょっと怪しいよ。

「さっきの方には連絡したりしませんから。大丈夫です。」とそれだけ告げて急いで向かう

その後事務所へ着いて事の顛末をスタッフに話すとみんな打ち合わせなんてそっちのけ。
「ネットでその芸人を検索してみよーう♪」

つい5分前にちゃっかりコンビ名まで聞いたものの、もともと蜜蜂興味のないことはすぐに忘れちゃうタチでして。どうしても頭文字以外はうる覚え状態。

蜜蜂「う~ん…サイダーマン。…違う。栽培マン! 」

スタッフ「それは、龍球にでてくるべジータの手下だよ(笑)」

なんてやりとりを繰り返してると…あっ見覚えのあるワッキー顔!

蜜蜂「コイツだ!!」

するとエンタメ&お笑いライターのトミーさん(37歳独身♀)すかざす「なんか残念な感じだね。売れなそう。」

ちなみにそんなこんなきゃっきゃと騒いでいたらいつの間にかその切れ端もどこかに飛んでいってしまいましたとさ。残念っ!

クリックお願い致します♡♡

b_04.gif


こちらもよろちくねっ♡♡




スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

コメント

蜜蜂さん本人はかなり迷惑ですよね。
でも許されるなら一言いわせてください。
蜜蜂さんには笑いの神様がついています!
芸人にも中年のサラリーマンにも笑いました。
(笑い事じゃないですよねスミマセン)
トミーさんが吐いた言葉、なんか残念な感じだね。
笑いのピークです。

暑いですからね~、色んなの出てきますね。
気をつけてくださいね。

笑いの神様かぁ…♪それいいですね!なんか昔から変な人がよく寄ってくるんですよ(^^;)神様の仕業だったのか・・・(笑)。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。