プロフィール

蜜蜂

Author:蜜蜂
自称:ラブファイター!
どんなに傷ついても、やっぱり恋愛は楽しい。生きる上で人生の醍醐味だと思っています。失恋にも負けません。究極の愛を探していつかは幸せになりたい。

職業:フリーライター兼六本木キャバクラ嬢。日々戦っています。

気軽にコメントしてもらえると嬉しいです!!
よろしくお願いいたします♡♡♡



ブログペットのハッチ♡です♪
こちらもよろしくネ♡


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ただいま。トーキョー。」
新幹線のホームへ降りて、そう思わざるを得なかった。
なんだか懐かしい…。たった10日間、離れていただけなのにね。

お盆の連休を利用して、じっくり自分の今の状況とか、気持ちとか、色々見つめなおしたくて実家のある田舎へ帰省していた蜜蜂です。

自然が恋しくて、緑に触れたくて山へ行ったリ、海に出かけたり…川に涼みにいったり。
ん?なんかとってもエコロジー?な気分。
携帯の電波も届かないような山奥でマイナスイオンいっぱいの新緑に囲まれていたら、まるで今までのこのドトーの東京ライフが全部悪い夢だったみたいだよ…。
もう今なら恋も仕事もお酒もお金も全て忘れられそう。

ああ・・煩悩が・・邪念が・・浄化されてゆく・・・。

スローライフバンザーイ!!

ところが。
元来、煩悩のかたまりのような蜜蜂が、ひとつのところにじっとなんかしていられるはずがないんです。

田舎滞在3日目にして、暇をもてあまし始めたわたくし蜜蜂、かねてから気になっていたある人物にアポのTELをかける。

・・・トゥルルルル。

ある人物「はい。」
  蜜蜂「もしもし。視てもらいたいんですが。」
ある人物「…おたく初めてか?明日はどうだろう?明日の15:40から。」
  蜜蜂「はい。伺います。よろしくお願いします。」
ある人物「じゃあ、駅についたらまた連絡しなさい。」

蜜蜂がTELした相手、それは・・・
江原並みに当たると言われているとなり町の占い師である。

先日、同郷のルームメイトが帰省した際に見てもらって、彼女の近況からその性格、恋愛事情に至るまでをものの5分でズバズバッと罵倒した当てたという話を聞いてから、行きたくて行きたくてウズウズしていたの。

案の定、超現実主義者でドライな家族たちには「病んでる…。」と、白い目で見られながらも次の日にはいそいそと出かける蜜蜂。(もうすぐ24歳の射手座女)
占ってもらう項目は、もちろん恋愛!!
なんとかして、今のこの状況を脱出するべく、その占いの先生様にご助言を頂かなくては!!

この時は、この占いでまさかあんな事態が待ち構えてるなんて想像すらしてなかったお気楽蜜蜂でした。




TO BE CONTINUED.(・・・笑。)
スポンサーサイト

テーマ : 夏休み - ジャンル : 日記

コメント

おかえりなさーい。
気持ちもリフレッシュできたみたいで良かったですね~☆
・・・って、あんな事態??

いったい蜜蜂さんになにが!!?
気になります。

どうなるの?どうなっちゃうの?
うーん。地蔵盆まで待てないわ。

ヤマタクさま☆
みづはさま☆

さっそくアップしました~♪
長々綴ってあるわりに、大したオチでなくて申し訳ないです。(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。