プロフィール

蜜蜂

Author:蜜蜂
自称:ラブファイター!
どんなに傷ついても、やっぱり恋愛は楽しい。生きる上で人生の醍醐味だと思っています。失恋にも負けません。究極の愛を探していつかは幸せになりたい。

職業:フリーライター兼六本木キャバクラ嬢。日々戦っています。

気軽にコメントしてもらえると嬉しいです!!
よろしくお願いいたします♡♡♡



ブログペットのハッチ♡です♪
こちらもよろしくネ♡


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週末、仕事の打ち合わせも早々に切り上げ、またまたダーリンの元へ走ってしまった蜜蜂。
占い師のおっさんによるダーリン禁止令が発令されてから早1ヶ月。仮に今が江戸時代だったなら、愚か者蜜蜂、間違いなく御用&市中引き回しの刑を受けているはず。
なぜならこの「江戸」という時代、男性は許されても、女性の浮気や姦淫、密通はご法度とされていた。見つかった場合、殺されても文句は言えなかったそうな。驚きなのが、浮気をした妻を夫が切り殺しても当時は罪にはならなかったという事実。
何でも直系の家族のみが家を継ぐことができる「家父長制」という制度の下、女性の不手際によって家系に他人の血が混ざることを何よりも嫌っていたからである。

また、かの有名な吉原の「遊郭」は、借金の方に売られてきた少女たちが、毎晩のように好きでもない男たちに抱かれる街。そんな地獄の中で、誰かに恋をしても、これもまた命がけ。
恋愛によって仕事に身が入らなくなるのを恐れた彼女たちの雇い主は、時には死に至るほどの折檻で、恋人たちの逢瀬を阻止したりした。

まぁ、何が言いたいかってそれは、当時はみんな恋をするには命がけだったっていうこと。
今のように結婚相手も自分では決められず、ましてや携帯や電話のような通信手段もなかった。
短時間でも偶然恋する相手に出逢えた時は勝負!!そりゃ、Hも大いに盛り上がってたみたいだよ。蜜蜂は、あの時代特有の危機迫った中での恋人たちの逢瀬や、密通による恋愛話が大好き!!大学の卒論ではそれをテーマに原稿用紙100枚くらい書いたくらい。
下品でも、いやらしくもなく、ただみんな命をかけて恋愛しているから、その心は純粋に本能のままに動いていてすごく素敵だと思う。

なんか話がずれたけど、つまり恋は障害があったら燃えるってことが言いたかっただけ(笑)。
案の定、今回も別れがたく帰宅前、リビングでもHしてしまった私たち・・。もうおっさんに会わせる顔は当然ない
終わった後、ダーリンは突然蜜蜂にこう言った。

「他に好きな人ができた、とか、嫌いになった以外の理由じゃ別れないから。好きだけど…みたいなキレイゴトとか中途半端な理由ならなおさら。」

普段から蜜蜂の行動に敏感なダーリンだが、さすがに今回は釘を刺されたわ。20そこそこの小娘の心の中なんて、とっくにお見通しなのね。

これは、別れるのにはまだまだ時間がかかりそう。
帰り際なんて久々にバイバイのチュウまでしちゃうラブラブっぷり。誰か止めて。

帰宅して、久々に事の顛末をルームメイトに話すと彼女は眉間にしわを寄せて「言うまい・・もう何も言うまい・・。」と念仏のようにただ繰り返すだけだった。
スポンサーサイト

コメント

江戸時代の様相はボクも大学で習いましたよ~。現代の法的観点の違いとしてですが・・・
当時は恋愛に当てはめて考えたことはなかったのですが結構な男尊女卑ですよね!

唯一の逃げ道が駆け込み寺だけでしたしね。

さぞかし恋の炎も燃え上がったことでしょうね!!

まだダーリンさんのほうが一枚上手のようですね!
そのラブラブっぷりはさすがに止めれません(笑)

有名とかを禁止し

有名とかを禁止したいの?

ヤマさま☆
>当時は恋愛に当てはめて考えたことはなかったのですが結構な男尊女卑ですよね!

確かに!まぁ当時は恋愛より、生きるか死ぬかって感じでそれどころではなかったのでしょうけど。今よりだいぶ死が身近にある時代ですもんね。想像できない。怖いi-238今が幸せってことかぁi-179i-203

ハッチ☆
あんた、すごいトコついてくるね!ママびっくりですi-251

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。