プロフィール

蜜蜂

Author:蜜蜂
自称:ラブファイター!
どんなに傷ついても、やっぱり恋愛は楽しい。生きる上で人生の醍醐味だと思っています。失恋にも負けません。究極の愛を探していつかは幸せになりたい。

職業:フリーライター兼六本木キャバクラ嬢。日々戦っています。

気軽にコメントしてもらえると嬉しいです!!
よろしくお願いいたします♡♡♡



ブログペットのハッチ♡です♪
こちらもよろしくネ♡


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連休最終日。
結局朝まで続いた「レミパン宴」後、始発帰りにも係わらず昼には起きてせっせとダーリンの元へ向かう愚かな女。その名もHoneybeeこと蜜蜂・・・
なんか、英訳しただけなのに、ちょっとアメリカあたりのナイスガールみたいじゃないっ?!

…すんません。最近ダーリンに洋画ばっかり見せられて(アクションか、サスペンス系)若干英語にカブレてます。今回の滞在なんて3時間もぶっ通し氏で某マフィア系ドラマを見せられたので、となりでずっとFUCK YOU!を連発してやったわ。そしたら(クッションで)殴られて、気分は超BAD!!

今回「東京に財布忘れてきた」とのんきに言うダーリン。しかたなく夜のディナーは久々おうちですることに。
でも心の優しい蜜蜂は文句言わずに「何かあったら大変でしょ?」と3万円ほど貸してあげる。
ってホントは蜜蜂おうちでイチャイチャしている方が好きだったりするんだけどねー。こんな関係だから、外だと手も繋げないし、いくら本宅と離れていると言えど、ココも会社がある街。
人目を全く気にしないわけにはいかないじゃん。

そして、外で飲むと饒舌なくせに、家だとまったりしちゃうダーリンは、案の定蜜蜂そっちのけでDVD鑑賞に夢中。ということで、冒頭のFUCK YOU!が飛び交い、ドラマさながらの大乱闘に発展したわけ。

そんな中、蜜蜂のご機嫌を取ろうと
「ワインでも飲む?有名ソムリエ(名前忘れた)に貰ったのがあるんだ。」
とダーリン。

しかたない、付き合ってやるかとアンパンマンチーズ(娘さんのでは?汗)をつまみに、なんかの(忘れた…)2002年モノで乾杯。これが飲みやすくなかなか美味しくて、あっという間に2人で1本空け、お酒のイキオイもあり、リビングで話題のドラマ「サプリ」の最終回を見ながら濃厚なまで堪能しちゃいました。
途中、伊藤美咲のあまりのベタ演技っぷりに言葉を失ったけどね。

そんなこんなで先日の危機なんてまるで遠い昔のよう…今回もラブラブなまま終わるのかと思いきや・・・姉さん、事件です。

次の日、午後から急遽出張が決まってしまったダーリン。
夕方までは一緒に居られるはずが、午後イチで蜜蜂も東京に戻る羽目に。それでもイチャこきながら、ラブラブモードで帰り支度をしていると…おや?ダーリンが急に険しいお顔。
リビングの窓から見える外のインターホンのあたりに(外からは見えない仕掛けになっている。)何やら人影が。と同時にピンポーーーーンとチャイム!

かつてない事態に、心臓はドキドキッバクバクッ
小心者の蜜蜂は「ななな…に?」とビビリマクリスティですよ。

もしかして、奥さん??
そうしたら、何?もしかして昨日のベタドラマみたいな修羅場がココで繰り広げられちゃうわけ?
今までなぜか想像したことなかったけど、でもそれって普通に起こりえることなんだよね。
手に汗握りながらじっと身体を強張らせていると、もう一度ピンポーーーーン!!
ひぃっ!!チャイムの音ってなんだかとっても心臓に悪いのね。

思わず、窓から外を覗こうをする蜜蜂、

そっちに行くな

とダーリンに一喝される。

結局、正体はよく分からなかったんだけど、人影は帰っていったのでひとまず安心ダネ

・・・と言いたいところだけど、なんだか急にテンションは遥か奈落の底へ。
分かっていたけど、分かっちゃいるけど、やっぱりこれってただの不倫なのね。
たかが、チャイムくらいでこんなにビビッてしまうくらいならこんなことしちゃいけないのかもしれない。する資格も、ないのかもしれない。

少なくとも、さっきのダーリンの一喝で、さっきまで2人を包んでたラブラブな空気は見事に粉々になってどこかへ吹き飛んでしまった。
もうソファのとなりにすら座りたくない。
さっきまでは10cmだって離れていたくなかったのに。
こんな簡単に壊れてしまうモノを、果たして本当に恋愛なんて呼べるのだろうか?

そんな雰囲気のまま、来てしまったお別れの時間。
当然、家を出る前のバイバイのチュウもなく、車に乗り込む2人。
後部座席が頭を過ぎったけれど、いつものように助手席に乗り込んだ。

5分ほど車を走らせたところで、子供を連れた近所に住むママさん団体にすれ違う。
そう言えば、時計の針はちょうど午後2時。幼稚園は帰宅ラッシュタイムだったよう。
すると、ダーリンが言った。

「そういえば、お前なんで前に乗ったの?」

その言葉に、思わず声を詰まらせる蜜蜂。

そんなことは気にもせず、

「さっきのママさん連中、噂好きなんだよなー。」

とため息をつくダーリン。

気がつくと、大粒のが頬をボロボロと零れていく。
何がこんなにそうさせるのが分からないけれど、とにかく涙が止まらない。

胸が潰れそうに痛い。

いつもと違って何も言い返さないので、

「シカトか~?

と蜜蜂を見たダーリンは、一瞬絶句
その時に顔は見ていないけれど、だいぶギョッとしたに違いない。

「急にどうしたんだよ!えっ!もしかしてさっきの俺の言葉?いつものように言っただけだぞ。」

と、運転しながらあたふた。

「ごめんなごめんな

と、私の手を取って何度も繰り返すが、それでも涙は止まらず、とめどなく溢れてくる。

駅に着いて、「じゃあね。」と車を降りようとする蜜蜂に、「このまま行っちゃうの?こんな後味の悪いまま。」とダーリン。
いったいどこまで自分勝手な男なんだろう。
ようやく少しだけ止まってくれた涙は、口を開いたらまた零れちゃいそうだったので、「もう大丈夫だから。」となんとかひとことだけ言って足早に車を降りた。

ホームに着いて、外を見るとまだダーリンの車は止まったままだ。仕事に遅刻するぞ。
電車が来て、走りだして、窓から見ると、ダーリンはまだ心配そうに私を探しているようだった。でも、電車は無常にも加速度を上げてそのまま走りだしていく。
それを見ていたら、なんだかまた泣けてきた。結局東京に着くまでの間、私はずっと車内でひっそりと泣いていた。近くに座っていたサラリーマンのおっさんたちが、なんだか笑っている気がしてバツが悪かった。

スポンサーサイト

テーマ : 泣きました - ジャンル : 日記

コメント

蜜蜂さん、英語に影響され過ぎです(笑)

有名ソムリエに貰った2002年モノで乾杯って…うーん、コーラしか飲んでいないボクには想像もつきません(苦笑)

「サプリ」の最終回を見ながらって…(笑)
亀梨くんもビックリしまくりまクリスティですね!

突然のチャイム、NHKの集金に脅えていたボクには想像もつかないほど怖かったでしょうに。

幸せモードが一変しましたね。

ふとした瞬間に普通の愛じゃないのだと思い、悲しくなったのでしょうか?

元気出してくださいね。

お会いしたことはありませんが蜜蜂さんはきっと笑顔が似合うと思います!

あるあるある!

恐怖の体験、あたしも、結構あったりします。
日記にも書いてる、2回目のデートや、
ガッコ関係でも、絶対絶命!みたいな状況にあってます。
そゆときの、男性のふとした反応や一言で、
すごく悲しい気持ちになってしまうんだよね。
2人を包んでいた幸せな光が、
一瞬で色褪せて、現実に引き戻されちゃって。

あたしは、2回目のデートで、早々と、恐怖体験をして、
櫂の、めっちゃ情けない態度を目の当たりにして、
以降、冷静になれた面がありますが。

みづはさん☆

>2人を包んでいた幸せな光が、
一瞬で色褪せて、現実に引き戻されちゃって。

まさにそう!!みづはさんたちも、不倫+先生と生徒っていう二重苦の中での恋愛は大変なこともいっぱいあったでしょうねe-330私も強くならないとなぁe-420
PS.体調はまだぐずついてます・・・。治ったと思って、仕事にいったのがまずかったみたい。お互い早く完治させましょうねe-465

ヤマタクさま☆

いつも温かい励ましありがとうございますi-241e-420
チャイムはほんとビビリました~i-260でもいつか修羅場を迎えた時のために、ある程度覚悟しておかなきゃいけませんね…。まぁ、その時こそダーリンと終わる時だとも思います。
今は普通の恋愛じゃないことでの辛さもありますが、これから普通の恋愛をした時に、いっぱい幸せを感じられるような気がするので、それはそれで楽しみにしていますよんi-278e-266
ちなみに2002年モノi-281はまだ若かったせいか、さっぱりして飲みやすかったですよー♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。